2009年09月07日

twitter公式サイトの開設のご案内

大変ご無沙汰しております。

北海道NPOネットの福田です。

先日より北海道NPOネットのtwitter公式サイトを開設しております。

http://twitter.com/hokkaidonponet

となります。
今後とも引き続き宜しくお願い致します。
posted by Happyふく at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民活動

2008年06月16日

「北海道ポータル!」試験版運用開始

event1.jpeg


こんにちは!
大変ご無沙汰しておりました。

先日、試験版として「北海道ポータル!」(試験版)の運用を始めております。
現在、動作など含めた試験運用となりますため、次バージョンの運営開始までの期間となりますので、予めご了承くださいませ。

北海道内の店舗・イベント情報が登録無料となっております。
ホームページやサイト運営者のご登録をお待ちしております。
posted by Happyふく at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民活動

2007年07月06日

8上旬、北海道に新たなSNSが誕生!

みなさま、こんにちは!

8月上旬に新たなSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が誕生します。
その名も
北海道L−SNS az-maxi〔アズ・マキシィ〕
http*//az-maxi.net

北海道最大級・最強の地域SNSを目指して・・・
もっとも身近な情報を共有できる場として末永く、そして道民に愛されるサイト創りを目指します。

今年は「パイロット版」として試験稼動。
来年5月ごろをめどに「ベータ版」として本格稼動させる予定。

詳細はまた後日。
今後とも宜しくお願いします。
posted by Happyふく at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民活動

2007年05月10日

5月10日付の北海道新聞朝刊に掲載

みなさま、こんにちは!
桜が満開!風の影響ですでに舞い散る季節となりましたが、どうお過ごしですか?

上記のタイトルの件
北海道新聞 朝刊(2007年5月10日付)第4社会面にて当代表の記事が掲載されました。

もし、まだご覧になっていない方、ぜひお読みください。

また、ご質問・ご要望・ご意見等ございましたらメールにて24時間承っております。(info@hokkaido-npo.net)

出来る限りの早いご返答出来るよう努めてまいります。


みなさまの小さい力を私たちの団体にお貸しください。
暖かい目で、今後とも末永くご愛顧の程宜しくお願い致します。
posted by Happyふく at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民活動

2007年05月08日

市民が市民を支える体制づくり

みなさま、どもです!
代表理事の福田です。
「北海道NPOネット」が設立1ヶ月を経ちました。

いたって「マイペース」です。

それは「無理をしない」ことが徹底されているからです。

理念を共感できる団体や個人とどんどん手を取り合っていきたいから。

最近「勝ち組」「負け組」がもてはやされていますが、私たちは「負けない組」を目指しています。

無理をしないとほぼ同義語と考えています。

永く活動していくことに視野をおいて、必要な時に対応できることにこだわりたいと思っております。

将来的にはきっと行政主導型から住民主導型に移行します。

その為には、わたしたちが出来ることをすぐやること。
それしかありません。

行政ではできないフレキシブルな対応がある意味生命線です。
「市民が市民を支えるしくみ」創りに挑戦していきます。
それでは。
posted by Happyふく at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民活動

2007年03月09日

北海道NPOネット団体運営規約アップしました。

みなさま、こんにちは。
本日、4月1日設立予定の「北海道NPOネット」の団体運営規約(案)をアップしました!
コチラからご覧ください。

「北海道NPOネット」で検索しても上位に出ます。(Yahoo!検索でもGoogleでも実証済みです)

北海道 NPO ネット では、まだ上位にはまだいかないようです。

なので、北海道NPOネットを宜しくお願い致します。
posted by Happyふく at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民活動

2007年02月26日

北海道NPOネット設立総会開催します。

みなさま、こんにちは!
来る2007年4月1日に北海道NPOネット設立総会が開催されます。
詳しくは北海道NPOネット公式HPにて紹介しております。
北海道NPOネット公式HPはコチラ
http://hokkaidonpo.net

【北海道NPOネット設立総会概略】
開催日:2007年4月1日(日)10:00〜12:00
開催場所:札幌市北区 札幌エルプラザ
参加費:無料
定員:10名(先着順)
参加対象者:北海道内のNPO団体代表者
      北海道のNPO関係者
      北海道内でNPO活動に興味のある方
      北海道内のNPOやボランティア活動経験者

詳細・お申し込み:北海道NPOネット公式HPよりお申し込みください。
       URL http://hokkaidonpo.net

主催:北海道NPOネット設立準備委員会
  (発起団体:市民活動団体 北海道ドリームプロジェクト 他)


 

posted by Happyふく at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民活動

2007年01月09日

北海道NPOネット公式HP暫定Open!

みなさま、こんにちは。
本日、仮ではございますが、北海道NPOネット公式HPを開設いたしました。

宜しくお願い致します。
posted by Happyふく at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民活動

2007年01月07日

第 5 回 マイクロソフト NPO 支援プログラム 応募開始しました。

第 5 回 マイクロソフト NPO 支援プログラム


プログラムの趣旨
「すべての人々の持つ可能性を最大限に引き出すためのお手伝いをしたい」というマイクロソフトの企業理念のもと、マイクロソフト NPO 支援プログラムは 2002 年にスタートいたしました。「NPO が IT を活用することによって自らの可能性をひろげ、今日の社会が直面しているさまざまな課題の解決につなげてほしい」という思いを込め、本年度もマイクロソフト NPO 支援プログラムを実施いたします。社会的課題の解決に取り組んでいる NPOであれば、活動分野は問いません。IT を活用し、社会的課題の解決を目指す皆様からの、積極的なご応募をお待ちしています。

2006 年12 月

マイクロソフト株式会社

※本プログラムはマイクロソフト株式会社と (財) 日本国際交流センターとの協働で運営されています。

ページのトップへ
助成対象となるプロジェクト
社会的課題をより効果的、効率的に解決するためにITを活用した、斬新的なプロジェクトを支援します。以下のテーマのうちいずれか、もしくはすべてに当てはまるプロジェクトを助成の対象とします。社会的課題のテーマ、団体の活動分野は問いません。

• IT を活用して「社会的課題の解決を目指す」活動
 〜住み良い社会の実現や、さまざまな社会的課題を解決する活動〜

• IT を活用して「人々の可能性を最大限に引き出す」活動
 〜応募団体や受益者の可能性を広げ、豊かな夢のある生活をもたらす活動〜


ページのトップへ
助成対象団体
1.
日本国内に拠点を持ち、日本国内で活動する非営利団体

2.
応募時点で 2 年以上の活動実績を有する団体(法人格の有無・種類は不問)

3.
基本的な IT の使用が可能であり、応募プロジェクトを実施可能な IT スキルを持ったスタッフを有する団体


※以下の団体は助成の対象となりませんのでご注意ください。

• 医院、病院、幼稚園から高校までの学校および大学、政治、労働、宗教団体、各種同好会、地域自治会等

• 過去に本プログラムの助成を受けた団体


ページのトップへ
プログラム概要
• 助成期間 2007 年 7 月1 日から 2008 年 6 月 30 日までの 1 年間

• 助成金 1 件あたりの助成金額は上限 300 万円、総額 2,000 万円

• 助成金の使途内訳

• プロジェクト実施経費

• 人件費 (助成額の 30% 以内)

• 機材購入費 (助成額の 30% 以内)

• 外部委託費 (助成額の 50% 以内)

• 運営や管理費 (助成額の 10% 以内)


• IT 関連サポートについて
助成が決定した団体には、希望により以下のサポートを予定しています。詳細は助成団体の決定後、対象団体に直接ご連絡いたします。

1.
一定の条件のもとにマイクロソフトのソフトウェア製品を寄贈

2.
社員ボランティアによる IT 相談会の機会提供


• 助成の実施

1.
助成先団体には、プロジェクトにおけるIT の活用方法について、より専門的なアドバイスをさせていただく場合があります。

2.
助成先団体の代表者は、マイクロソフト株式会社、(財) 日本国際交流センターと3 者間で覚書を取り交わし、これに基づいて応募プロジェクトを実施することとなります。

3.
助成金は 2007 年 6 月末日までにお支払いいたします。

4.
2007 年 6 月下旬に助成先団体への助成金授与式(都内)を予定しています。また、その際、団体の活動および助成対象プロジェクトについて簡単に発表していただきます。

5.
助成開始半年後 (2008 年1 月末日) に中間報告書を提出していただき、助成完了後 2 か月以内 (2008 年 8 月末日) に完了報告書を提出していただきます。



ページのトップへ
選考について
NPO の実務者やIT の専門家、マイクロソフト社員で構成された選考委員会で、厳正な選考を行います。その際、必要に応じてインタビューをさせていただくことがあります。なお、選考結果は、2007 年 5 月中に全応募団体に電子メールでご連絡いたします。

• 応募プロジェクトに関する選考基準

1.
社会的な意義

2.
独創性、先駆性

3.
IT の活用度合い

4.
計画の実現性

5.
応募プロジェクトが団体への今後の発展につながるか


• 応募団体に関する選考基準

1.
申請団体が「助成対象団体」の要件を満たしているか(左ページの「助成対象団体」を参照)

2.
これまでの活動実績

3.
団体の財政が健全か

4.
応募プロジェクトを実施する人材、IT 環境/ 技術を有するか

5.
助成終了後も応募プロジェクトを継続、発展させることができる団体か



ページのトップへ
応募申請について
• 応募期間
2007 年1 月 1 日 (月) 〜 2 月 20 日 (火) 24:00 必着

• 応募までの手順

1.
応募用紙をこちらからダウンロード

2.
応募用紙記入の手引きを参考に、応募用紙に所定の事項を記入

3.
応募用紙を電子メールに添付し、jpnpo5@microsoft.com へ送信





ページのトップへ
お問い合わせ/応募用紙送信先
• 電子メール
jpnpo5@microsoft.com
大変恐縮ですが、お問い合わせ、応募用紙の提出は電子メールのみに限らせていただきます。


ページのトップへ
注意事項
• ご提出いただいた応募用紙は返却いたしません。

• 選考結果に関するお問い合わせには応じかねますので、あらかじめご了承ください。

• 当プログラムへの応募を通じて皆様からお預かりする個人情報は、ご本人の承諾がない限り、当プログラムの運営および、それに関連する目的以外に使用することはありません。マイクロソフトおよび (財) 日本国際交流センターにおける個人情報の取り扱いについての詳細は、以下のサイトをご参照いただき、ご同意のうえご申請ください。応募用紙の提出をもって、ご同意いただいたものとさせていただきます。







posted by Happyふく at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民活動

2006年12月13日

北海道NPOネット「空き店舗活用プロジェクト」
を始動します。

みなさま、こんにちは。
この度、北海道NPOネットにて「空き店舗活用プロジェクト」を始動させます。
まずは、札幌市内の空き店舗・事務所の物件を募集しております。
(無償もしくは格安)
また、NPO団体対象にて「空き店舗」活用のための仮登録も開始します。
仮登録はあくまでも「事務所希望」のある団体を募るための調査資料として活用させていただきます。
・貸しオーナーさまへの条件
1.対象場所が札幌市内であること
2.24時間使用可能であること
3.インターネット環境が整っていること
4.会員制で当団体が一括管理し、複数のNPO団体に場所貸しすること
が最低条件となります。

・NPO団体様の仮登録の条件
1.札幌市内で活動しているボランティア・NPO団体であること
2.会員数が100名以下であること
3.営利団体・宗教団体・政治団体などに一切関わっていないこと
4.総スタッフ数が10名以下で運営していること

【お申し込み・お問い合わせ】

こちらにてご連絡ください。
宜しくお願い致します。

posted by Happyふく at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民活動

2006年11月30日

北海道のNPOポータルサイトを目指します!

みなさま、こんにちは。
「北海道NPOネット」代表(2007年4月就任予定)の福田と申します。

私たちが目指すもの・・・。
それは、北海道のため、地域のため、よりよい活動を支援していくための団体を2007年4月スタートさせます。

「北海道NPOネット」は小さい力の結集体として、行政の分野・経済分野をそれぞれシュアしていく為のポータルサイト的団体となります。

その為には、いま活動しているNPO団体・市民活動団体・ボランティアの垣根を越えた結集です。

資金難・人材難など多くの問題を抱えながら運営している市民団体を多く見かけます。

当団体も同じ問題に直面しています。
「社会的正義」を貫く団体がチカラを合わせて「横の連携」を取ることにより「新しいチカラ」ができます。

行政が抱えている問題、企業が抱えている問題を「わたしたちのチカラ」で北海道を変えていこうではありませんか!

宗教や政党など特定の力に頼らない団体「北海道NPOネット」です。
そういった意味では、2007年4月は「NPO発展元年」と位置付けて活動をして参ります。

「わたしたちができる何か」を考え、行動していくこと。
まさに「NPO協争(きょうそう)」に突入していきます。
ともに「手を取り発展していく」ための団体となります。

そのためには、北海道内で「NPO団体登録」を呼びかけております。
また、同時にボランティアスタッフも募集しております。

メール(info@hokkaido-npo.net)にてお申し込み願います。
(折り返し、確認メールいたします)


          2007年11月30日
          北海道NPOネット(仮称)
          設立準備委員会 代表
          福田 卓朗

posted by Happyふく at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民活動

2006年09月14日

NPOって何?

みなさま、こんにちは。

「NPOとは何か?」ということです。

NPOは、NonProfit Organizationの頭文字を取ったもので、民間非営利組織と訳されます。NPOはボランティア活動等の社会貢献を促進する為、日本では、1998年にNPO法(特定非営利活動促進法)が施行されました。

NPO法では、NPOの法人格取得等について規定しいますが、どの様な活動を行う団体について法人格を付与することとしているのでしょうか。NPO法では、その要件を以下の17項目示しています(NPO法第2条別表)。

1 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
2 社会教育の推進を図る活動
3 まちづくりの推進を図る活動
4 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
5 環境の保全を図る活動
6 災害救援活動
7 地域安全活動
8 人権の擁護又は平和の推進を図る活動
9 国際協力の活動
10 男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
11 子どもの健全育成を図る活動
12 情報化社会の発展を図る活動
13 科学技術の振興を図る活動
14 経済活動の活性化を図る活動
15 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
16 消費者の保護を図る活動
17 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動

上記何れかに当てはまれば、NPO法人として認められる要件となります。


posted by Happyふく at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民活動

2006年09月05日

2007年、北海道のNPOの歴史に新しい1ページ

みなさま、どもです!
2007年4月に設立予定の市民団体です。
ただいま、ネットシステムの構築作業にやっと入りました。
来年の4月に照準を当て、少しづつ準備にかかっております。
北海道のNPOの活性化にきっと寄与できると確信しております。

いままでのNPOに足りなかったこと、もっと使いやすさ・利用のしやすさをキーワードを中心とした、ローリスク・ローコストで運営できるNPOをどんどん増やし、北海道地域の活性化を図っていく所存でございます。

今後の私たちのキーワード
・道内の任意団体・市民活動団体のデータベース化
・小さいながら社会的な活動団体をしている団体の紹介
・24時間ネットでの市民活動相談対応
・市民ボランティアの紹介・仲介(マッチング)
・市民ボランティアの登録化による社会的メリットを創ること
・SNSを活用した市民活動の告知・情報共有化
などなど・・・

どこまでできるか未知数ですが、可能性があるもの・社会的にやらなくてはいけないものから最優先で取り組み、北海道のNPOの歴史に残る活動。
そして、全国に波及できるだけのNPO活動をしていきたいです。
「新・NPOモデル」の構築させることが重要ではないかと思っております。
「北海道NPOネット」(仮称)にぜひご期待ください!

2006年9月5日
「北海道NPOネット」(仮称)
暫定代表(代表就任予定) 福田 卓朗
posted by Happyふく at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民活動

2006年08月31日

近日中に道内のNPO・市民団体登録受付します。

みなさま、こんにちは!
近日中に「北海道NPO」ネット登録団体を募集します。
当然ながら登録費は無料。
詳細はこの公式Blogにて受付いたします。
(エントリーフォーム作成中です)
posted by Happyふく at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民活動

2006年08月30日

市民活動・ボランティアとは

◆ ボランティア活動についてはいろいろな説明の方法がありますが、端的にいうならば、市民(住民)一人ひとりの自発的な意志にもとづき、金銭的な利益などの見返りを求めることなく、地域社会を住みよくする活動や他者を支える活動などの社会的活動などに携わること、といえましょう。
◆ 活動は個人で行うものもあれば、自分たちでグループを形成したり、あるいは既存のグループや団体に所属して行う場合など多様な活動の方法があります。昨今非常に増えてきたNPOもそのほとんどが、ボランティアによってその活動を支えられているといっても過言ではありません。
◆ ボランティア・市民活動はいまや国民の関心事になっています。
◆ 総務省統計局が実施した「平成13年社会生活基本調査」(2001年)によれば、過去1年間に何らかの「ボランティア活動」を行った人は3263万4千人で、10歳以上人口に占める割合(行動者率)は28.9%となっており、前回同調査(1996年)と比較すると、3.6ポイント上昇しています。
◆ このような傾向は、特に1995年1月に起きた阪神・淡路大震災の際、全国からかけつけたボランティアやNGOなどが大きく貢献したことが契機となり、それ以降、顕著になっています。
◆ この時の経験がもとになって、各省庁のボランティア関係所管部の連携がとられるようになるとともに、ボランティアによって支えられてきた任意の組織がより活動を展開しやすくなるための制度整備として、1998年、特定非営利活動促進法(いわゆるNPO法)も成立しました。2004年6月現在で、1万8千近いNPO法人が認証されています。
◆ 特定非営利活動促進法には、17の活動分野が示されていますが、「保健、医療または福祉の増進を図る活動」が最も多くなっています。その他教育、環境、まちづくり、国際協力等、非常に幅広い分野の活動に市民(住民)が参加しています。

posted by Happyふく at 03:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 市民活動

北海道ボランティア人材バンク(仮称)

みなさま、こんにちは。
今後の動きとしまして
・北海道内の市民団体(NPO法人を除く)の無料登録。
(NPO法人は少額登録)を検討しております。
また、ボランティア活動しやすい体制づくりを推進する為、
各団体経由で各個人に有償で「北海道NPOネット」認定の
「ボランティア活動員証」(仮称)の発行。
・登録いただいた団体のみ別途有償にて24時間メールでの相談などのサポート体制を検討しております。
・また、インターネットを中心としたローコスト運営体制の勉強会なども実施。
・将来的には「ボランティア活動証」を使っての特定割引サービスを考えております。
市民団体からボランティア人材依頼によるボランティアの無償派遣
(ボランティアマッチング)といった「北海道ボランティア人材バンク」
(仮称)も実施していきたいと考えております。
<企業の人材派遣と異なり、労務提供を伴わないものになりますので、労働者派遣事業法などの法的には問題ないと認識しております。>
みなさまのアイデアでどんどんいい方向にしていきたい。
準備期間だからこそいろんなことに取り組んでいきたいと考えております。
posted by Happyふく at 02:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 市民活動